法人のお客様  >  地方公会計改革入門【e-ラーニング】

コースコード : NSN 提携先 : ネットスクール(株)

決算を活用するための

地方公会計改革入門【e-ラーニング】

※お申込みの際には、必ず「メールアドレス」をご記入ください。

受講対象
財政部門の方、企画部門の方、
公会計を学びたい方
学習期間
1ヶ月(在籍期間2ヶ月)
受講料(消費税込)
一般9,720円  会員8,640円
教材構成
DVD2枚 テキスト1冊 Web添削1回

お問い合せはこちら 個人様てのお申込み!お気軽にお問合わせください お申込みフォームはこちら

ねらい

 公会計決算の“作り方”に関する類書は発刊されていますが、“使い方”に関するものはあまりありません。本コースは《活用するための公会計》をテーマに、テキストを確認しながらDVDで講義を聴くスタイルのコースです。

特色

● 決算情報を用いた自治体財政分析の専門家、千葉大学人文社会科学研究科・大塚教授* による最新情報を基にした講義
(*総務省「地方公共団体の財政分析に関する調査研究会」委員、同「地方財政の健全化及び地方債制度の見直しに関する研究会」などを歴任。著書『日本の会計社会』『政府と非営利組織の会計』『公共経営の変容と会計学の機能』など多数。公会計に関する講義も数多くこなす。)
● 臨場感あふれる講義で実務に即した内容
● コンパクトな「テキスト」・・・いつでもどこでも復習できます。

編集
ネットスクール(株)
動作環境
●DVD-VIDEOの再生が可能なパソコン
●DVDプレイヤー等
●Windows 7/8.1/10 対応
●Internet Explorer9以上推奨
●音声再生機能
●CPU:CeleronD 2GHz以上推奨
●メモリ:512MB以上推奨
●ブロードバンド回線(ADSL以上)推奨

カリキュラム

内容
1 なぜ新たな財務会計が必要なのか?
 (1) 公会計改革と自治体
 (2) 決算数値の活用:性質別歳入・歳出の突合せ
2 複式簿記の導入はなぜ必要か?
 (3) 複式簿記の役
3 財務書類とは何か?
 (4) 財務書類とは何か
 (5) 財務書類を用いた自治体経営
4 ここがポイント!統一的な基準
 (6) 資産評価、固定資産台帳整備他

※本コースは、ネットスクール(株)との提携講座です。
※教材制作等の都合により、講座名称や内容、カリキュラム、開講状況など変更になる場合があります。予めご了承ください。

お問い合せはこちら 個人様てのお申込み!お気軽にお問合わせください お申込みフォームはこちら