法人のお客様  >  職場のメンタルヘルスマネジメント入門コース

2019年5月開講(全面改訂)

コースコード : 291

部下やメンバーの問題に対処し、イキイキと働ける職場環境づくりのポイントを徹底解説

職場のメンタルヘルスマネジメント入門コース

※本コースは、旧「管理職のためのメンタルヘルスマネジメントコース」の新規改訂版になります。

学習期間
2ヶ月(在籍期間4ヶ月)
受講料(消費税込)
一般17,280円  会員14,040円
教材構成
テキスト2冊、添削2回

※消費税率が変更された場合、受講料が変更になる場合があります。

お問い合せはこちら 個人様てのお申込み!お気軽にお問合わせください お申込みフォームはこちら

ねらい

【職場のストレスの正しい理解と軽減法、メンタルヘルス不調への対処法を習得する】
 厚生労働省の関係する調査によると、働く人の11人に1人が、うつ病や神経症といったメンタルヘルス不調を抱えている可能性があります。こうした不調は労災申請や民事裁判に発展すると企業人事や直接の上司の労務管理上のリスクとなり、また不調をきたした部下への対応はいまや法令指針で求められるコンプライアンスとなっています。勤怠不良やパフォーマンスの悪化、問題に見える行動によって、本人の業務遂行だけでなく、同僚や職場運営における支障が生じるため適切な対応が求められます。本コースでは職場のリーダー(管理監督者)に求められる具体的な対応や適切な方法について学ぶことができます。

【改訂のポイント】
● 2015年のストレスチェック制度義務化による個人ごとの事後措置や集団ごとの分析と職場環境改善活動に完全対応!
● 働き方改革に関連する産業医と職場の健康管理機能を強化する為の最新情報と、重要な健康情報管理の進め方も併せて網羅!       
● 少子高齢化による高年齢労働の拡大に伴う治療と仕事の両立支援や健康経営® で求められる事項を包含!

特色

【職場リーダー目線で状況別。なるほど!納得の解説】
● 法令規則や厚生労働省の指針の説明に留まらず、現場を預かる職場リーダーが執るべき行動のポイントをわかりやすく解説!  
● 職場リーダーが行動すべき理由や背景が良く分かり、納得できるから、現場での効果的な対処につながる!
● 働き方改革、第13次労働災害防止計画、メンタルな情報管理、治療と仕事の両立支援まで、最新情報を網羅!

講師
株式会社健康企業 代表・医師 亀田高志

カリキュラム

単元名 科目 内容
1 これだけは押さえておきたいメンタルヘルスマネジメントの基本 第1章 職場や働く人のメンタルヘルスの現状と今日的課題
第2章 組織や職場が果たすべき責任と役割・機能
第3章 職場のメンタルヘルス対策と方法論 他
2 職場のメンタルヘルスマネジメント実践ポイントと健康経営Ⓡ 第1章 働き方改革がもたらすメンタルヘルス問題とその対応 
第2章 ストレスチェックの結果活用と実践的対応法
第3章 事業と企業価値を拡大する健康経営® とメンタルヘルス 他

※教材改訂等の都合により、内容やカリキュラムなど変更になる場合があります。予めご了承ください。

お問い合せはこちら 個人様てのお申込み!お気軽にお問合わせください お申込みフォームはこちら