法人のお客様  >  不祥事を防ぐコンプライアンス実務コース(選択型)

コースコード : 282

不祥事防止策のチェックポイントを修得

不祥事を防ぐコンプライアンス実務コース(選択型)

※本コースは、第1単元は必修、第2単元以降は選択になります。
 お申込みの際に受講する単元(○○編)を必ず選択明示してください。

受講対象
コンプライアンスについて基礎から学びたい方
学習期間
2ヶ月~4ヶ月(在籍期間4ヶ月~8ヶ月)
選択単元受講料(消費税込)
2単元 一般15,120円  会員11,880円
3単元 一般20,520円  会員17,280円
4単元 一般25,920円  会員21,600円
教材構成
テキスト2〜4冊、添削2〜4回

お問い合せはこちら 個人様てのお申込み!お気軽にお問合わせください お申込みフォームはこちら

ねらい

【コンプライアンスの知識を総合的に学ぶ】
 近年、様々な業界において企業の不祥事が相次いで発生しています。原因はいろいろ指摘されますが、その重要な一つにコンプライアンス体制の欠如があげられます。コンプライアンスというと、「法令遵守」という言葉を思い浮かべますが、「企業倫理・経営倫理」「リスク管理」という意味もあります。
 本コースは、今日、ビジネスパーソンにとって必須の要件ともいえるコンプライアンスについての知識を総合的に学びます。また、不祥事が発生するメカニズムについて、事例を通して、不祥事防止策のチェックポイントを修得します。

特色

【不祥事防止策のポイントを解説】
● 第1単元では、コンプライアンス発生の一般的なメカニズムや、防止策のチェックポイントを解説するとともに、コンプライアンスの基本や、関連する法律の概要について理解することを目的としています。
● 第2単元以降では、食料品、耐久消費財、情報管理の各分野で実際に発生した事件を紹介しています。諸事件を具体的に検討することにより、その事件が発生した固有のメカニズムや、他の企業が学ぶべき点を修得し、防止策の立案に役立てます。

講師
弁護士(石嵜・山中総合法律事務所 代表パートナー)山中健児
弁護士(東京中央総合法律事務所パートナー)藤本正保
他 両法律事務所弁護士

カリキュラム

単元名 科目 内容
1 コンプライアンスの基本 1.コンプライアンスとは何か
2.企業経営とコンプライアンス
3.コンプライアンスの対象
4.コンプライアンス体制の具体的内容
2~4 コンプライアンス
不祥事事例
〜業界に学ぶ(選択)
≪食料品編≫
食料品におけるコンプライアンス不祥事事例
コンプライアンス
不祥事事例
〜業界に学ぶ(選択)
≪耐久消費財編≫
耐久消費財におけるコンプライアンス不祥事事例
コンプライアンス
不祥事事例
〜業界に学ぶ(選択)
≪情報管理編≫
情報管理におけるコンプライアンス不祥事事例

※教材改訂等の都合により、内容やカリキュラム・教材など変更になる場合があります。予めご了承ください。

お問い合せはこちら 個人様てのお申込み!お気軽にお問合わせください お申込みフォームはこちら