法人のお客様  >  管理職のためのメンタルヘルスマネジメントコース

コースコード : 290

部下のメンタルヘルス不調への対応策を習得

管理職のためのメンタルヘルスマネジメントコース

受講対象
マネージャー(上級〜ミドル、新任)
管理職候補
学習期間
2ヶ月(在籍期間4ヶ月)
受講料(消費税込)
一般17,280円  会員14,040円
教材構成
テキスト2冊、添削2回

お問い合せはこちら 個人様てのお申込み!お気軽にお問合わせください お申込みフォームはこちら

ねらい

【職場のストレスやメンタルヘルス不調の対処法を習得する】
 近年、部下の健康管理に関する、管理職のマネジメント責任の重要度はますます高まっています。特にメンタルヘルス不調は職場の生産性を低下させる要因となるだけでなく、企業や管理職が損害賠償請求を求められるというケースもあります。
 本コースは管理職として部下の健康管理責任を負っていることを十分認識したうえで、部下がメンタルヘルス不調に陥らないための予防策と、不調に陥った場合の対処方法を習得します。
 また、日ごろから職場のメンタルヘルスを意識し、その要因となるストレスを生まないようにしたり、ストレスを生む職場の環境要因を改善できるようになることを目指します。

特色

【具体的な予防法や改善策を学習する】
● 厚生労働省による指針や手引きの内容を説明し、従業員の不調に対する職場のメンタルヘルス対策の全般的な考え方を示します。
● 不調を発生させないように防止する一次予防を中心に学びます。
● 職業性ストレスモデルと一次予防の観点から見直し、ストレス反応を軽減する方法や、メンタルヘルス不調の発生防止の考え方を学びます。
● 職場を預かる上司として、職場のストレスを仕事や職場、職場環境の側面から、積極的に軽減する工夫を学びます。

講師
㈱健康企業 代表・医師 亀田高志

カリキュラム

単元名 科目 内容
1 部下のメンタルヘルス不調によるリスクと損失への対処 1. 職場のストレスやメンタルヘルス不調のリスクと損失
2. 部下のメンタルヘルス不調への対処と方法論
3. メンタルヘルス不調の6つの問題
2 ストレス対処と個人と職場の活性化 1. 管理職自身と部下のセルフケアの実践
2. 部下と職場の問題解決と生産性の向上

※内容は予告なく変更される場合があります。予めご了承ください。

お問い合せはこちら 個人様てのお申込み!お気軽にお問合わせください お申込みフォームはこちら